おはーたの雑記

シャインコンテンツサイト関連に関する、またそれ以外も含めた 日常会話のものです。

BON

今週のおはーたちゃん~♪

BON

NO.8 ペットグランプリ銀賞作品公開!!

あ、の、今週のおはーた!。今週もやってまいりました。担当のおはーたです。こんにちは。 東京は今日は雪が降っています。桜満開に雪が降る。さて、今週は第1回ペット動画グランプリについて お話したいと想います。昨年末、このサイトにおいて第1回ペットグランプリを開催いたしました。 今年2月末まで開催し、3月頭に結果発表という運びとなりました。今回は銀賞に選ばれた、 マグナムさんによるペコちゃんを3分動画に私がして、公開する運びとなりました。 マグナムさんありがとうございました。ペコちゃんは、食欲旺盛で、ボールが大スキなので、 そこを強調した作りにしてみました。動画みてくださいね。 さて、そうこうしているうちに3月も終わります。常谷案件も、素材制作フェーズが終わり、最終段階の 編集フェーズに入ってまいります。できれば、4月半ばには公開にもっていきたいところですが、 さてどうなるのかこうご期待!今週のおはーたでした。

BON

NO.7 職人技!!

今週のおーおはーた。じゃじゃん。やって参りました。週末。今日は、収録の話をしたいと想います。 私は今まで、外注で、納品されたものでしか判断できなかったんですね。だから、撮る方のノウハウ とかどんな感じでやっているかとか少しイメージがつかなくて。それが、今回、全部わかる形になりました。 借りたのはライブスタジオの小さななお部屋とRECブース。仕事人が機材やパソコンを持ち込んで、 音の調子を見ている。私は、全然そういうところわからなかったので、ただ見守るのみ。 そして、また仕事人のパソコンソフトもすごい。ちゃんと、波形の音声ファイルを録音して 先に録音してあった方のデータを流しながら、収録できるという。やっぱり仕事人がいてくれてよかった。 これ素人には無理な作業。そして、想ったのは意外と時間がかかること。演者はほとんど、ノーミスなのに 音が割れたとか、機材から雑音が発生するといったトラブルも相次ぎ、時間あまるかと想ったが、 4時間近くかかったので、ほぼ予定とおりの時間となってしまった。いやいや、でもそれだけ 質が高いものができたので、本当によかった。皆さんありがとうー。さて、つぶれろ常谷もそろそろ終盤 面白いことになればいいなと想っています。今週のおはーたでした。

BON

NO.6 明日!

今日の東京は雪だあー。あ、の、あ~今週のおはーた。寒いですねー。ほんと、春はくるのでしょうか さて、先週と先々週ですが、お寺、パワースポットめぐりをしてまいりました。先々週は 門前仲町は深川不動堂、私ね、ここのね、深川龍神願い札が好きでね。どういうのかというと 特別な紙に願い事書いて、ある池におくと、紙が溶けて願いが届くというもの。これをやってきました。 何を願ったかというと、家内安全と、動画事業の成功。これはね、ほんとに叶えたい。 そして、先週は飯田橋にある東京大神宮。ここにも願い札があっておいてきました。やっぱり動画事業の成功。 まあ、それだけこのシャインコンテンツは頑張ってきたし、いい作品になったと信じています。 あとは、いい縁といい仕事をまつばかり。でもまだ、サンプル作品はまだ、5作目が未完成でして、 明日、声優さんのスタジオの立ち会いにいってきます。いや、今日でなくて良かった。寒いし、 雪降っているし。明日は晴れるとの予報だから。みんな、明日がんばりましょう!ということで今週のおはーたでした。

BON

NO.5 週末スタジオ入り!

あ、の!今週のおーおはーた!いよいよ今週末ですよ。やってきます。つぶれろ常谷の声優さんの レコーディング!そうなんです。2月もはいってすぐにイメージトレーニングしたいということで 3人でカラオケの合同リハを行ってからはや5週間。これ以上のばしちゃうと、もう集中力が きれてしまうそんな中、とうとうやってきます!3月15日。ほんとにね、このプロジェクトも 序盤はいろいろ、活発にクループラインをしていたのですが、もう終盤なので、ほとんど、 かけ声もなし。だけど、担当の人たちは緊張が走っているんじゃなかろうか。 そんな私の役割は、場を柔らかくすること。お菓子なんてもっていっちゃおうかなーなんて 想っています。自分は見守りなのでねー。すみません。テーマ曲も決まり、イラストも仕上げに 入って、声もじわじわきてるなか、今回の第5弾のつぶれろ常谷はどうなっていくのか。 自分でも楽しみです。そんな緊張感が走る今週のおはーたでした。

BON

NO.4 第1回ペットグランプリ結果発表!

あ、今週のおはーた!やってまいりました。今週のおはーた。このコーナーでは最近のおはーたを語ります。 まずは、2月も終了し、第1回のペットグランプリ、無事終了いたしました!そして、その結果から お知らせいたします。金賞はずばり!ジェロちゃん。11票。最後追い上げましたね。よかったです。 銀賞はペコちゃん、おめでとうございます。受賞作品はもうそれぞれ賞金を送付済みです。 動画は3月下旬から制作いたしますので楽しみにお待ちください。第1回ペットグランプリ、皆さん ありがとうございました!さて、ペットグランプリはそのくらいにしまして、最近のコロナ影響は すごいものです。そうそう、3月15日は収録日なんですが、皆さんの意思を確かめたく、開催するべき か訊きました。とはいえ、集るのは6人なので大勢ではないんですけどね。答えは皆さん、やりましょうと いうことで一致団結しました。まあ、6人なんでね。3月が楽しみな今週のおはーたでした!

BON

NO.3 見てから声かけてね

あ、かあー今週のおー、おはーた。3回目です。皆さん、おはようございます。BONです。ここでは最近の動画関係 を語ります。今週のテーマは、近づくのもあり、去る者ありです。まあ、サイトを開いてから1年半ぐらい経ちますが いろんな方からアクセスがありホームページを閲覧してくれます。まだ見ぬ人よ。私と会話しておくれ。 そして先週はクラウドワークスから1件、スカウトがありました。映画サイトをやるから執筆してくれないか という依頼。私はてっきりサイトをご覧になった上で依頼に来てくれていると想っていました。 ポテンシャル高いという表現をされていたので。なので応募してみたのですが、逆転して、「見送り」 そっちがスカウトしてきたんじゃん。ちゃんと私のサイト見てない証拠ですな。ちゃんと見てからポテンシャル高い といってください。まあちゃんとみてないで、一斉に送ったところだろう。そんなところには縁などいらない。 それと、ジモティー経由からも1人来たな。まあ、声かけてから、2年もかけて返信してきた人だからあまり 期待もしていなかったが、これも会話進まず。んー。春よこい!ははは。まあ、こういうことを得て、少しつづ 進化していくんだな。まあそれを感じた1週間でありました。興味ある皆さん、ぜひ、お声かけてください。 今週のおはーたでした。

BON

NO.2 声優陣の進捗

あ、今週のおーおはーた。このコーナーでは私、シャインコンテンツの代表であるあはーたが動画関係の 最近を語ります。題して、今週のおはーた。さて、今週の動きはですね。声優さんの自宅録音の方の 納品がありました。ありがたやー。ほんとね、すごい方なのです。だからね、脚本動画のほう、6本目 の依頼になりました。すべての脚本に依頼しました。それだけ信頼できるすご腕の声優さんです。 そしてそして、今週は、レコーディングスタジオの予約調整を、仕事人の方と連絡とりながら、 進めてまいりました。まあ、3人は合同で、声を収録するので今回はスタジオ借りての運びとなりました。 3月中旬とだけいっておきます。大分、このプロジェクトも進んできて、春よこいみたいな感じに なっています。さあ、シャインコンテンツに春はくるのか。私も楽しみです。今週のおはーたでした。

BON

NO.1 はじめまして

はじめての方も、はじめてじゃない方もはじめまして。シャインコンテンツのおはーたです。ここではシャインコンテンツまわりの もしくは個人的な話も含めて語るコーナです。皆さん、宜しくお願いします。題して、あ、今週のおーおはーた! 決まりました?決まりましたね。宜しくお願いします。さて、まあいろいろありまして、心機一転というところです。 まずは、おまじないとしてパソコンの壁紙を変えました。やっぱりね、いろいろ決断したからには、まずそこからです。 まず、このシャインコンテンツが生まれた経緯からお話しましょう。まず、私、20代からアマチュア物書きです。 自由に特に大がかりなスクールを通うことはせずにここまできました。今、中年になりました。で、このサイトの 概要にあるように、脚本家、かなり狭い世界です。ほとんどの物書きさんはお金になりません。なので、趣味の延長上として 日々、コンクールに出展して大賞ねらってうんしょうんしょです。でもね、最近、想うんです。時代が変わりつつあるなと。 この平面の時代、夢の掴み方もバリエーションがあってもいいんではないかと。ならばと私は低価格で、80分クラスの 映画を制作する方法はないかということを考えました。そして、それはおととしの8月からプロジェクト開始しました。 今では、80分、60分、30分、15分、5分の6本のイラスト脚本動画をリリースしてきました。サンプル作りはそろそろ 終わりにしたいところですが、まだ、やりたい挑戦はある。それが、シナリオ長編第5弾、「つぶれろ常谷」だ。 これはパワハラに対するリアル版ストーリーである。今まではパワハラ系のドラマはあれど、エンタメ重視のパワハラ が多く、あまりリアルなものはないことからこの作品を開始しました。いわば、受からない作品を世にだすこと。これが 平面の時代を活きるということではないかと想っている。プロジェクトは1月から徐々にスタートし、イラストはラフ画30枚 テーマ曲も決まり、台本も決まり、そして先週は声優陣による、カラオケリハを開催いたしました。いやいや、すごいですよ。 声優陣、特に、パワハラ上司役が迫力ありすぎて、凍り付く。ははは。ほんとにね、すごいんですよ。皆さん。 真摯にこの作品に取り組んでくれていて、私は今、嬉しいです。この第5弾、進み次第また連絡します。 いや、初めての体験ですね、カラオケ屋で台詞がばんばん飛び交うのは。ありがとうー。今週のおはーたでした。

BON

NO.0 経緯

それは1994年とさかのぼる 大学在学中の出来事である。 私は外国語学部英米語学科の最中だった。 英語の授業である。 パロケッティ先生といった。 その先生がある宿題を出すのである。 それが、ジャーナルというもの。 ジャーナルは、日々の日常を描いてというものだった。 一週間に1度提出だった。 普通の人は3~5行しかかかない。 いやかけない。 しかも英語で自由いいこと日記である。 想像が豊かでないとかけないものである。 私は30行びっしり書いてしまった。 楽しかったのである。 そこから毎週1ページから2ページへと書いていくものだが 途中で先生の方が飽きてしまった。ノートはときくと まだ読んでいないからとイヤな顔された。 それでもひっきりなしに書いていた。 先 生がおいつかない。とうとう、ノート1冊書いてしまった。 楽しくてやめられない。 そして大きな出来事があった。94年、オックスフォードへと 旅立つのである。 そこで3週間遊んだわけだが、その記録を ジャーナルとして書いていった。 Can’t turn back the days 当時書いた本のタイトルだ。 これは今でも保存している。 とかく書くことが好きだった少年はあまりそれがきづかずにいたようだ。 夢中に書いていたあの時代、懐かしいものだ 大学時代に1つの恋をした。一方的な恋である。 親友でいたかったのにと号泣され、関係が壊れた2人 実際、女性の方は親友とも思っていなかったのだろう。 よい断り文句である。がしかし、断る理由がない 場合は 親友でいたかったのに。 私は当時、彼女の話し方とリズムと笑顔が好きだった。 いや、本当は好きかどうかもわからない。 内面はわからないままだった。 ただ、思い出として強烈に残った。 ロマンチストな私はこの記憶を何かに残したかった。 男女間の親友ってなんだろう?親友のようなカップルがいたら なんていい関係なんだろう。 パロケッティの授業はまだ続いていた。私はこのテーマのジャーナル を書くことにした。 ノート一冊にそのテーマをつづった。英語で。 1996年のはじめだった。 これが、自分にとってのはじめての作品となる。 卒業した私はもうちょっと詳細を書きたいと思った。 文具屋で1000年もつといわれている?高級紙の日記帳を買った。 B5判の1 50ページである。念いりに、漫画チックにセリフ帳で セリフの前に顔の表情を書いて、 読みやすいものにした。 ちょうど出来上がったのが1996年3月だった。 これを誰にも見せない日記帳にするつもりだった。 英語で書いてあったし、間違いだらけの英語である。 そのままにしておくつもりだった。何かの間違いで英会話学校いくまでは。 一本の電話からはじまった。 当時はやっていた、英会話学校の勧誘である。 英語には興味あった。 だが値段を訊いてやめようと思って電話切ろうとした その理由として、 僕は英語作家を目指しているので、会話で72万は払えないと。 そしたら、広報の女性がいうのである、自習室に作家のことを教えてくれる先生 がいるとのこと。 しかも自習室は開講時間いつまでいても無料だと。 授業が終了したとしてもそこにいつづければ絶対あなたにプラスになるよ。 だんだんだまされたくなってきた。当時、英語で文章の構成を教えてくれる人が ほしかったので、 まんまとひっかかったのである。 カールクローリーという黒人の教頭だった。 日本のことを日本人よりよく知ってる先生 この人が私を変える人となる。 横溝さんの推理をこよなく愛し、チェスとお茶が好きな外国人。 この人に親友みたいな恋人(STAY WITH ME)をみせてみた。 性格は描けている、途中までは面白かった。 あとはつまらない。 君ね、授業はおまけでいいから、ここでシナリオ書きなさい。私が読んで思ったこという。 そういうではないか。最初は自分でもぱっとしなかった。 よく言われる。防犯ビデオ見ていてもつまらない。 最初の5ページで面白いかわかる。 意味のないシーンなんて存在しない。3年間の間に、 当時の職場の’忍’ 禁断の’郵政の実情’ そして’探偵もの’どれもA4で150ページを超える大作だった。 それを書きあげた。当然書いただけ。当時、この方なんか、出版や映画のコネもってないかな と淡い期待をしてたものだが、 残念ながらなにもおこらなかった。 そして、なんとなくやる意味をなくしてしま い、2000年頃にはフェードアウトしてしまう。 実はそうなってしまうことの要因は他にもあったのだが。 時代は少し前後してしまうが、平松愛理、私の頭から離れない人である。 いや、時代は、親友みたいな恋人を書く前にさかのぼる。 95年7月、平松は当時、ラジオ番組をやっていたが、私は当時、親友でいたかったのに とある女性に振られた頃だったんで、 当時からロマンチストだった私は その女性と番組宛てに抽象詩を書いた。平松さんには通じなかったらしく、 ちゃんと書いてくださいねーのラジオの聞こえる声を自分のことだと勘違いし おきたことをちゃんと説明した手紙を送った。 その答えがなかったが、 なぜか、3ヶ月後、ぐっぴー高橋由美子さんに提供した 最上級I LIKE YOU として、 その答えともとれる曲がリリースされた。 私は敢えて、聞かないふりをしていた。どうしても素直になれなくて。 しかしながら、98年6月ある決心をする。’STAY WITH ME'の解釈を 私なりにしてみました、と題して、 英語ベースで書いてあった150ページを すべて日本語にしてFAXに15週にわたって大量FAXしたのだ。 書き終わった頃のころである。 夜、文字が頭をぐるぐるして眠れない。そういう場合、書いて安心して寝ることに しているのだが、 フレーズがどかどかぐるぐるまわってる。 書きなぐって見てみたら、作詞になっていた。 それが何度か続いた。 いつのまにか10の詞が出来上がっていた。 これよしに、できたと同時に平松の番組にFAXする。 千葉房総へ行く。海を見て涙が出る。この涙の意味は?そこで自分だけの脚本が まわっていて、話が展開していく。 これはいけるかもしれない。 作詞家になれるかもしれない、200は書いた。 しかし、番組送っても何にも起きることはなく ただ掃除をする人だった。 しばらく、平松ファンサイトに没頭していた。 自分が何者かもわからずに。 2008年、所属してた会社が音楽企画をITで始める。また自分の心に火がついた。 表現者になれるかもしれない。急きょ、作曲をやることになる。 確かにファンサイトでMIDIをたくさん作った。 音を聞き取ることもやった。 でも作曲って?というときにうってつけの本が出る。コード進行本である。 この本があれば、作曲できる能力はファンサイトで手に入れていたようだ。 2週間で25曲作る。僕 はソングライターになれるかもしれない、 そう思った瞬間、この会社が休眠して私は職を失ってしまう。 僕は、いったい何がしたいん だ?またITに就職するも的を得ない日々が続く。 昔の記憶、六本木でオリコンで作詞家学校に通った日々、就職カウンセリング したときに、 小田和正の事務所を紹介されるが、自分は平松でと断ってしまう、 もし、あのとき、断ってなければ、 こんなに不遇な人生にあわなかったんだろうか。 ここでまた、勘違いしてしまうのであるが、 自分はファンサイトを保有している。自分のファンサイト内なら自由に夢が叶う。 そう信じて、音楽、作詞、脚本を書いてきた。 しかし、私の名刺はなんだ?何者なんだ?ただのサラリーマンだった。 それに気づいたのが2015年3月なんだ。はじめて、書きものをしてから20年の 時が過ぎていた。私は何者かになろうと心新たにするのである。 2020年2月、BON CRESCENTはコンテンツ満了とした。 これからは平松愛理のコアファンで生きるのではなく BONは1つの価値をもって、ルーツは平松愛理のファン ということにしていきたい。

ページの先頭へ